ニキビを悪化させないで早く治したい!

ニキビ跡消す → ニキビ跡消す-ニキビを早く治すためのスキンケア-

ニキビ跡消す-ニキビを早く治すためのスキンケア-

ニキビを早く治すためのスキンケアは、とにかく刺激しないことが大切です。スキンケアは正常、保湿、保護が重要です。そしてできるだけシンプルで、使用目的が明確なアイテムが使いやすいようです。高価なスキンケア商品よりも、シンプルなケアの方が肌に負担が少なくて済みます。

<クレンジング> 脂性の汚れをしっかりと取り除きながらも、低刺激なものを選びます。ニキビが出ている時には、洗い流すタイプがオススメです。拭き取りタイプはどうしてもこすってしまい、毛穴を刺激してしまいます。また、使う量が少ないと肌になじませる時の摩擦が大きくなるので、気持ち量を多めに使います。

<洗顔> 皮脂線から分泌される皮脂の量は多くても、バリア機能が低下している場合が多いので、優しい洗い心地の洗顔料を選びましょう。とにかくよく泡立てて、泡で優しくなでるように洗うのが基本です。

きめ細かく泡立てるほど皮膚に触れる泡の表面積が増えるため、ゴシゴシこすらなくても泡が汚れを包み込んで落としてくれます。タオルで拭く時にも、こすらずにそっと抑えるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

<化粧水>正常、保湿、修練機能があるものを選びましょう。天然の保湿成分である「NMF」「セラミド」「アミノ酸」などが配合された化粧水なら、肌の水分蒸発を防ぎ、バリア機能を回復させることができます。コットンにたっぷりと取って、肌になじませるようにしましょう。

<美容液> 活性酸素を除去し、皮脂分泌をコントロールするビタミンC美容液は強い味方です。セラミド配合やオイルフリータイプの美容液もバリア機能の強化には大切です。コメドができにくくなったり、ニキビが出にくくなるという効果が確認されています。

さらに、大人ニキビが気になるし、そろそろ年齢的にも肌の老化も気になるという人にもビタミンC美容液はオススメです。ビタミンCは、老化の原因のひとつでもある活性酸素を除去する働きがあります。肌の元であるコラーゲン生成に欠かせない成分でもあるので、補って、さらに保湿を心がければ老化予防効果にも期待できます。もしスキンケアで効果がなかったという方は、ニキビエステに行くのもよいかもしれません。

ボディのニキビを改善するには

ニキビは顔だけにできるものではありません。顔以外にも皮脂腺が多い部位には胸の中心、背中などがあります。人によっては首から肩にできる方もいますが、多くの原因は石鹸などのすすぎ残しだと言われています。

胸の中心などはベタつきがわかり、ニキビができやすいのは想像がつくことですが、背中などはあまり触ることができないため、引っ掻いた時に痛みを感じニキビができているとわかるようになります。 また、肌を露出する服を身につけたときに、背中にもニキビがあったことに気づかれる方もすくなくありません。

こうなると好きな服を着ることができませんし、夏なら水着を着るのもためらってしまいます。 ボディのニキビの原因は、石鹸などのすすぎ残しだといいましたが、それ以外には肌乾燥(特に背中)、長い髪の毛による刺激、背中のあいた服を常に身につけている方の場合紫外線ということもあります。

長い髪の毛によるものだと、石鹸などの他に、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しという可能性だってあります。髪の毛が常に肌に触れていることで石鹸と皮脂や汗が混ざり雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうのです。

今は手で体を洗われる方が多くなりましたが、背中などは手が届きにくいので、柔らかくて泡が立ちやすいタオルなどで優しく洗ってみましょう。皮脂と汗を落とすことができれば十分です。強い刺激を与えると色素沈着の原因にもなりかねません。

背中のあいた服を着ることが多いのなら、背中にも日焼け止めを使いましょう。ただし、お風呂の際にはきちんとそれも落としきることです。夏は暑くなり汗もかきやすくなりますので、石鹸を使わずにさっとシャワーを浴びるのも効果的です。皮脂を落とすにはぬるま湯のほうがいいでしょう。

シャワーを浴びたあとは保湿効果のある化粧水をつけてください。乾燥することもニキビが出来る原因となりますから。衣服はできるだけ天然素材のものを着用するようにします。化学繊維は皮膚を刺激することもあるのです。